ありがちな自動車トラブル

自動車はどこへ行くのにも便利で早く、今の現代人にとってはなくてはならない交通手段となってきました。
しかし自動車に乗っていると大なり小なりの自動車トラブルがつきものですが、そんなときの対処法を知っておくと慌てずに済みます。
トラブルと一言で言っても種類は様々で、簡単なものから自分では考えられないようなものまであります。
まずエンジンがかからないということがありますが、ここで初心者の方がよく起こすのがセレクトバーが「P」の位置にないことがよくあります。
それを確認してスターターを回してもよわよわしくエンジンがかからない場合はバッテリーが上がっているかケーブルが緩んでいる可能性がありますが、バッテリーが上がっている場合は自分一人ではどうしようもないので誰かの助けを借りる必要があります。
溝にタイヤを脱輪してしまうということもあるかと思いますが、前輪駆動車の場合後輪の片方だけが少しはまっている程度だと後ろから誰かにおしてももらうだけでも十分上がりますが、それ以外の場合は人の力で自動車が持ち上がらなければ他の車に牽引してもらうかロードサービスに連絡するしかありません。
キーを閉じ込めてしまう人もいますが、スペアキーを持っていれば問題ないのですが、これが家から遠い場合取りにいくこともできないというのであれば悩むことなくロードサービスに連絡するべきです。
無理に鍵穴などを触って開けようとするとセキュリティシステムを装着している場合間違って作動してしまいます。

Comments are closed.