バッテリーが上がる

自動車は、エンジンを起動させるために多くの電気を必要とします。また、各種センサ、ポンプ、ランプ等にも電気が必要です。さらに、カーエアコン、カーステレオ、カーナビゲーションシステムなどの機器の作動にも電気を消費します。

そのため、自動車の走行時に、その動力の一部を利用してオルタネータで発電され、蓄電池に蓄えられます。そして、蓄電池に蓄えられた電気が、必要に応じて上記の各種機器等で使用されます。

しかし、蓄電池の劣化によって蓄電能力が低下したり、あるいは、自動車があまり乗られていない等の原因で充電される電気の量が少ないと、蓄電池で蓄えられる電気がすべて消費(放電)されてしまうことがあります。これがいわゆるバッテリー上がりです。この状態になると、エンジンを起動させることができなくなり、自動車を使用することができなくなってしまいます。

これを防止するには、まずは、適度に自動車を運転してこまめに充電することが大事です。また、エアコンなど電気を多く使用する機器をつけっぱなしにした状態で、車を長時間停止させていると、その間は電気の発電は全くない状態で電気が消費されていくだけとなります。従って、長時間車を停止させる際には、エアコンなどの機器も停止することが望ましいです。

Comments are closed.