車の大きな傷

自動車運転をしていて、うっかりと引っかけてしまったという人も少なくはないでしょう。
ボディーに大きい傷や小さい傷がついて、塗装が剥げたり線が入ったという経験がある場合、どのような対処方法をしたでしょう。
小さな傷とはワックスや専用のキズ消しなどで消える程度のもので、大きな傷は1ミリ以上の深さのキズで、ワックスでは消えないものを言い、名刺大程度の範囲が小さいと言え、それ以上であれば大きいのでしょう。
大きな傷がボディーに入ると、金属部分が腐食し、時間が経過するにつれて広がります。
腐食を避けるためには早めに塗装をしなければいけません。
パールや特別色の一部を除けば、カラースプレーできれいに塗装が出来ます。
深いキズの場合、キズ部分をサンドペーパーで削り、フラットにして、ボディーパテでキズを埋めます。
パテが乾いてから、耐水サンドペーパーでパテの部分とボディーがフラットとなったら水分を拭き取り塗装をします。
塗装前に下地を塗り、塗装の食いつきを良くし、きれいに塗り上げるための準備をします。
下地が乾いてから、カラースプレーを塗ります。
スプレーの際に左右に振りながら、液だれしないように塗りましょう。
境目をぼかし剤を使用してぼかしましょう。
乾燥してから、コンパウンドで磨きをかければ終了です。

Comments are closed.