免許証の更新

3年もしくは5年毎の更新の自動車免許証。
有効期間が長いために、更新を忘れてた!という話はよく聞くものです。
手続き場所が遠かったり、引っ越しの際に手続きを忘れてお知らせが届かなかったり。
理由は色々ありますが、手続きを忘れるととても面倒なことになります。

1.有効期限から半年すぎると本当に失効してしまう
有効期限から半年すぎてしまうと、免許の取り直しとなります。
仮免試験が免除になったりと一応優遇措置はあるようですが、また自動車学校に大金を払い通わないと行けないのですから注意しなくては行けません。また、有効期限が切れてますよと言ったハガキなどは一切届きません。有効期限が切れてた事に気づいていなくても、無免許運転となります。

2.有効期限から半年以内に気づいた場合
幸いにも、半年以内に気がついた場合は、免許の再交付となります。
その場合、免許の取得年月日は手続きをした日の日付となり、最初に交付された日付は上書きされてしまうので、目視で確認する事はできなくなります。また、ほとんどの場合が運転免許試験場での手続きとなるので、手間も時間も通常よりかかります。

とにかく、有効期限を過ぎてしまうと一手間もふた手間もかかります。
きちんと有効期限内に手続きをしましょう。

 

Comments are closed.