ナンバープレートボルトの錆

ナンバープレートは、車の中でも一番といっていいぐらい人に見られる部分です。いつも綺麗にしていたいものですが、屋外駐車や海の近くに住んでいる人は、そのナンバープレートを取り付けているねじが錆びてしまっていることが良くあります。
このねじはナンバープレートボルトといわれるものですが、通常は鉄の素材にクロムメッキを施してあるものがほとんどですので、屋外駐車の場合には数年で茶色に変色してしまいます。さらに放っておくとナンバープレート自体に茶色い筋ができたりして、汚くなってしまうことがあります。また、ボルトとボディの接触面からボディ自体を浸食する可能性もあります。
これを防ぐためには、ボルトを錆びないステンレスに交換する方法が良い方法です。ステンレスのボルトであれば、非常に変色しにくいので見た目も美しく長持ちします。
ただし、交換する際には、今まで付いていたボルトと同じものに交換する必要があります。このボルトに関しては決まった規格が無いので、車によってその大きさや長さが違うものなので、必ず取り外したボルトを持って行って同じ大きさのステンレスの物を購入するようにしてください。大きさが異なるとナンバープレートががたついたり、ボディを傷めたりする危険もあるので注意が必要です。合わせてナットや、スプリングワッシャーなど一式交換するのが一番良い方法です。

Comments are closed.