車検の更新

自動車は、車種や用途に応じて1~3年に1度は車検の更新手続き(継続検査)を受ける必要がありますが、仕事などで忙しかったり、頻繁に自動車を使っていないと、保有している自動車を継続検査を出すことを忘れてしまいがちになります。このとき保有車を検査に出さないままでいると、やがて検査証の有効期間が終了し、以降は新しい検査証の交付を受けるまでは臨時運行許可の申請をしない限り、公道を運転することができなくなってしまいます。無効な検査証を車内に携帯したまま自動車を運転するのは違法行為であり、警察に見つかってしまった場合は、この違反1つだけで免許停止と罰金の処分が課されます。他の交通違反も犯していた場合、それまでの累積点数によっては免許取り消しになり、運転自体ができなくなる可能性もあります。
このように、継続検査を出すのをうっかり忘れてしまったまま車の運転を続けるのは大きなリスクとなります。そのため、継続検査を受けなければならない時期が近づいてきたら、忘れないように検査の手続きを行うための時間をつくることが重要です。自分で検査に出す時間が取れない場合は、ガソリンスタンドや自動車用品店などで行っている継続検査の手続き代行サービスを利用するのも良い方法です。

Comments are closed.