やすいタイヤのパンク

タイヤはクルマを制動する唯一のパーツであり、ハンドルを握っている間はこれに命を預けていると言っても過言ではありません。
そして、もしもパンクした時は修理が必要ですが、損傷の仕方によって修理できない場合があります。
構造は、一般にトレッド(接地面)側は丈夫に作られているのに対して、サイドウォール(横面)側は構造的に弱いので、損傷が側面にある場合には修理ができない事もあります。
また、穴が大きい場合や、以前に修理した近くでの損傷の場合も同様です。
さらに、外見上ダメージが少ないようでも、極端に空気圧が低い状態での走行などで、内部での骨格にまで損傷が及び、修理しても再使用は難しい場合もあります。
ところで、これらはサイズばかりでなく、メーカーや性能などによって価格は様々です。
最近では、国内メーカー品ばかりでなく輸入品なども普及して安物合戦を繰り広げています。
そして、良いものに当たればコストパフォーマンスの良い買い物になりますが、安いものには粗悪品も少なくなく、そのような場合は、修理は始めから念頭に置かず、使い捨てと割り切った方が良いかもしれません。
なお、パンクの場合にはスペアに交換する事になりますが、最近はスペアとして一般的なものではなく応急用のものが備えられている事も多く、その場合には走行方法が指定されているので運転には注意が必要です。
何れにしても、応急用に交換した場合は、早く修理して元の位置に戻すのが賢明でしょう。

Comments are closed.